食物繊維が不足するとこんなことになるので要注意!

食事も私たちの生活の中での楽しみの1つです。家族で一緒に食べるのも楽しいですし、また外出してレストランなどで食べるのも楽しいです。他にも居酒屋でお酒飲みながらわいわいしながら食べるのも楽しいでしょう。

そんな食事ですがきちんと栄養を考えておかないと、体にも影響します。ここでは、特に不足しがちな食物繊維について見ていきましょう。

実は多くの人が不足している。うまくとれていない?

私は野菜は食べているから大丈夫なんて言う人も多いでしょう。しかし、国民健康栄養調査によれば多くの人で必要とされる量に達していない、不足しているとの結果が出ています。

サラダとか野菜スティック食べてるしと安心していたら、食べているにも関わらず実は効率的にとれていないなんてこともあるのです。野菜ジュースやサプリメントの方が実は効率が良かったりするのです。

もしもサプリメントや野菜ジュース、あと最近人気の高い青汁という形で取らないときには要注意です。
というのも、そのまま生食やサラダでというよりかは、茹でる、煮る、炒めるといった調理した方が実は効率が上がるのです。火をとおすと少なくても逆に取れる量が増えるようです。意外とこれに気づかないでいる人も多いでしょう。
これも不足している理由になるかもしれません。

取っていいない人も多いが真っ先に出てくる影響とは

食べていても効率的にとれていない人はまだいいのですが、中には全然取っていないなんて人もいます。普段からあまり野菜は食べていない人も多いです。
取らなくても平気なんていっていてはいけません。取らないことでも影響はあるのです。

まずは、便秘があります。特に女性だと悩んでいる人も多いでしょう。なってから野菜を取るなんて人も多いですが、なると苦労も多いです。取らないことで、便が固くなってしまいます。腸の働きも悪くなってしまい、その結果便が出にくくなるのです。

しかし、水溶性や不溶性の食物繊維により、便の量が増えたり、また腸の働きが活発になり便が出やすくなったり、便が柔らかくなることで排便しやすくなるといった効果を期待できます。

普段からとっておかないと、便秘になりやすく、またなってしまうと今度は改善されにくいので気を付けましょう。

その他の影響も実は怖い。便秘だけでない影響とは!

便秘以外の影響として、腸内環境の悪化があります。腸内には善玉菌と悪玉菌があります。善玉菌がたくさんあれば、それだけ腸内環境もよくなり、ひいては体の調子もよくなるのです。

ところが悪玉菌とが増えてしまうと、今度は悪玉菌から毒素が出たり、有害なものが体の外へ排出されなくなります。すると今度はそれが血液で全身に回ってしまうこととなります。その結果、肌荒れや吹き出物などの影響が出てきてしまうのです。

そして、脂質も体へ吸収されやすくなり、その結果、肥満に繋がったりもします。
あと不足すると実は体内からカリウムが排出されなくなります。その結果なんと血圧が上がりやすくなる、高血圧に繋がっていくなんてことが起きるのです。

この他には、不足すると糖質の吸収が増えやすくなり、その結果、血糖値があがりやすくなる、さらに糖尿病の発症のリスクが高まるなんてこともあります。

不足することを軽く見てはいけない。今日から意識して取ろう

ついつい不足すると便秘になるだけでしょと思っていたら、高血圧や糖尿病になるかもというリスクを上げていたのです。
ぜひ、不足したときの影響も知って、予防はもちろん、健康や美容のためにも食物繊維を取っていきましょう。